第3弾フィギュア紹介(15)モアイ・キャノン

諸君、元気だったかな?
私は夏休みがおわり、燃え尽きてしまったが、そろそろブログも再起動だ。

まず、明後日9月11日、全国10都市ツアーの最後、金沢大会が行なわれる。
金沢は石川県、能登半島のつけねだ。

会場は石川県文教会館の4階会議室。
金沢城公園の近くにあり、バスで行く場合は金沢駅より香林坊方面行バス、「南町」下車、徒歩2分だ。
詳しくは、石川県文教会館のサイトを見てほしい。
http://www.bunkyo.or.jp/basic/access.html

金沢大会には当日オープン枠があるので当日参加が可能。
事前申し込みをしていなくても、当日会場に来れば参加ができる
(会場の定員を超えた場合には入場をお断りすることもあるので、ご了承願いたい)。
集合時間は10時30分だ。
全国10都市ツアーの最後となるしめくくりの大会、北は北極点から南は南極点まで、多くのブレイカーの諸君の参加をお待ちしている。
もちろん、先週東京大会に行ったという諸君も、ぜひ参加してくれ。

なお、金沢大会のレギュレーションは東京大会と同じ。
第3弾「混戦」とケルベロス零号、城コイン「プッシュ2」が使用可能だ。
ゴールドオックス、シルバーオックス、ブロンズオックスは使用できないので注意してほしい。

―――――――――――――――――――

さて、告知が終わったところで、まだ3体ほど残っている「第3弾フィギュア紹介」。
今日は、空中移動砲「モアイ・キャノン」を紹介しよう。

●モアイ・キャノン


エンパイア/レベル1/飛行2
自動効果:射程2

―――――――――――――――――――

コイン効果がないので、実にシンプルなデータだ。
機動力自慢のエンパイアだけあって、攻撃できる範囲はレベル1フィギュアの中では最高性能。
おすすめの使い方のひとつは、第1ターンにこのモアイ・キャノンとワン・オブ・ナインをセットで出撃させること。
1ターン目に出すフィギュアを2体にすることで、敵からの攻撃を分散することができる。

また、「射程」持ちなので、5段ロケットT-50とのコンボもおすすめ。
5段ロケットT-50の「一斉射撃」とコンボさせれば、1ターンに3マスの移動が可能になる。
射程持ちなので、相手の城が守られている場合でも城攻撃をしやすいのでぜひ試してみてほしい。

―――――――――――――――――――

と、いうことで、私は明日、金沢入りする予定。
甘エビやズワイガニの季節にはちょっと早いので、ここはチャンカレか?
それともハチバンなのか?
もちろん、大会も楽しみにしているぞ。
では、金沢大会でブレイクぅぅぅぅアウトぉぉぉぉ!

2011年9月9日(金)

ページの先頭へ ▲

第3弾フィギュア紹介(10)5段ロケットT-50

諸君、本日8月18日は全国10都市ツアー浜松大会の事前応募締切だ!
おかげさまで、浜松大会はすでに多くの諸君の申し込みをいただいている。
そのため、他の都市のようにオープン枠が用意できるかどうか微妙だ。

確実に参加するためにも、事前の応募をしておいてほしい。
会場となるTKP浜松カンファレンスセンターは、JR浜松駅直結、駅ビル「メイワン」の中だ。
たくさんの応募を待っているぞ!

「第3弾フィギュア紹介」、今日はエンパイアの射撃部隊の司令塔、「5段ロケットT-50」だ。

●5段ロケットT-50


エンパイア/レベル5/飛行2
自動効果:射程2
コイン効果:一斉射撃(コスト:黄1)
自分のターンの最初に使う。自分のエンパイアの「射程○」を持つフィギュアをすべて選ぶ。対象のフィギュアを1マスまで歩行移動させる。

――――――――――――――――――――

エンパイア臣民の諸君、お待たせした!
今まで、コンボ能力が弱かったエンパイアだが、これより反撃を開始する。
その先陣を切るのがこの「5段ロケットT-50」だ。

注目はコイン効果「一斉射撃」。
スタートフェイズにこの効果を使うことで、自分のエンパイアの射程持ちフィギュアを、1マス移動させることができる。
ただでさえ自動効果「射程○」で攻撃範囲の広いフィギュア、1歩移動させることでさらに広い攻撃範囲を持つ。
具体的には、敵の城を射程範囲にとらえる可能性が高くなるだろう。

「一斉射撃」の効果の対象になるフィギュアは、第3弾まででは、
○バズーカ歩兵
○ガンレッガー
○ビーム歩兵
○モアイ・キャノン
○5段ロケットT-50
の5種類。
スタートフェイズに使う効果なので、メインフェイズに「射程2」を持たせるワン・オブ・ナインやスフィン-Xなどは残念ながら対象外だ。

しかし、バズーカ歩兵やビーム歩兵など、低レベルのフィギュアを沢山出して、一斉に進軍させるのはかなり強力。
一気に戦局を変えてしまえるだろう。
さらにピーコックペガサスの「フェザー・フラッシュ」とコンボさせれば、歩行1だったバズーカ歩兵やビーム歩兵も、1ターンに3マス移動できる。
ちょっと難しいコンボだが、やってみる価値はあるぞ。

射撃部隊の活躍を楽しみにしている!

――――――――――――――――――――
本日8月18日は全国10都市ツアー浜松大会の事前応募締切だ!
忘れないで、応募してほしい。

明日は、週末の告知を山ほどしていくぞ。
週末にむけて、ブレイクツアーで、ブレイクぅぅぅぅアウトぉぉぉぉ!

2011年8月18日(木)

ページの先頭へ ▲

第3弾フィギュア紹介(3)嫉妬のインヴィディア

諸君、週末の愛媛大会はおつかれであった。
残念ながらAブレイカー☆NAKAHIは虫歯で参加できず、申し訳なかった。
さらにビデオメッセージでスベってしまったことについても、申し訳なかった。
とはいえ、大会のほうは大盛り上がりだった。
例によってデッキレシピのほうもレポートしていくので、楽しみに待っいてくれ。

さて、今日は「憤怒のイラ」に続く「ザ・セブン」の2人目、「嫉妬のインヴィディア」を紹介しよう。


# 嫉妬のインヴィディア.jpg

エンパイア/レベル4/歩行2
自動効果:2連撃
コイン効果:嫉妬(コスト:黄1)
相手の出撃時に使う。相手が出撃させたフィギュアが、レベル5以上ならそのフィギュアを選ぶ。対象のフィギュアに2ダメージ。

嫉妬のインヴィディアは、帝国の精鋭部隊「ザ・セブン」の一員。
「嫉妬」の名の通り、自分よりも強い者、自分より美しい者には猛烈に嫉妬する。
だが、その反面、自分より弱い者に対しては面倒見のいいアニキだ。
そうそう、インヴィディアは男だから、そこんとこよろしくな。

嫉妬のインヴィディアの一推し能力は、コイン効果「嫉妬」。
相手がフィギュアを出撃させた直後に使い、相手のフィギュアがレベル5以上なら、そのフィギュアに2ダメージをあたえる。
嫉妬のインヴィディア(レベル4)よりレベルが高い奴には、嫉妬ビームでダメージをあたえるのだ。

相手が高レベルのデッキなら、フィギュアのコインを減らせるのでいい効果だが、ひとつ注意。
相手のコインを減らすことは相手のコイン回しを加速させることになる。
どの相手には「嫉妬」を使い、どの相手には「嫉妬」を使わないか、その見極めは上級者向けと言えるだろう。

さて、今週末8月7日の札幌大会だが、当日オープン枠が決定した。
事前申し込みをしていない諸君でも、当日会場に来れば参加ができる。
ただし、会場の定員を超えた場合には入場をお断りすることもあるので、ご了承願いたい。
会場は、TKP札幌ビジネスセンター。
札幌駅地下街9番出口直結、1階にみずほ銀行が入っているヒューリック札幌ビルだ。
事前応募してくれた諸君も、当日参加の諸君も、来場をお待ちしている。

では、次回は「シュレーディンガー」で、ブレイクぅぅぅぅアウトぉぉぉぉ!

2011年8月1日(月)

ページの先頭へ ▲

第2弾コンボ勃発! エンパイア編

諸君、明日はVジャンプ9月特大号の発売日だ!
今月号のVジャンプでは、なんとバトルブレイク第3弾「混戦」の初出し!
厳選した4つのフィギュア(その中には、荒木飛呂彦デザインの「サウス・カリフォルニア・パール」も!)のデータと、その他大量のフィギュアの写真が紹介されている。
あと、第2弾のシークレットパラレルの正体も初公開だ!
漫画「バトルブレイク」もついに対クーロン戦が完結か!?
楽しみだな!

さて、すでに第3弾の話に入っているVジャンプだが、ここではまだまだ「第2弾コンボ勃発!」を続けよう。
第3回は、エンパイア編だ。

●強制憤怒
E-010 憤怒のイラ(コイン効果「憤怒」)
C-010 不死フェニックス(コイン効果「フレイムウィング」)

エンパイアのフィギュアがダメージを受けたとき「3ダメ」を持つ憤怒のイラ。
相手からダメージを受けるのが基本だが、自分でダメージを与えられば、自由に「憤怒」を発動できる。
自分のフィギュアにダメージを与えられる効果は、今のところ不死フェニックスの「フレイムウィング」だけ。
「フレイムウィング」で自分のエンパイアフィギュアにダメージをあたえ、憤怒のイラをパワーアップしよう。

●整列デッドラインコンボ
C-006 ラッキードラゴン(コイン効果「おさんぽ」)
E-011 トリヤマロボ(コイン効果「デッドライン」)

トリヤマロボの「デッドライン」は横1行にダメージをあたえる効果。
どうせなら、たくさんのフィギュアがいたほうが、能率的だ。
そこで「ラッキードラゴン」の「おさんぽ」
「おさんぽ」の効果で敵フィギュアを横に並べ、並んだところで「デッドライン」だ。
うむ、ちょっと無理があるコンボかな・・・?
正直な話、第2弾のエンパイアは、個々の性能が優先されている。
そういう意味ではちょっと無理のある企画かもしれない。
コンボとかそんなことは考えず、自由に強いフィギュアを堪能してほしい。
しかしながら、第3弾ではちゃんと2弾とのコンボが炸裂しまくるはずだ。乞うご期待!

さて、7月31日開催の愛媛大会の応募締切が明日にせまっている。
申し込みは公式サイトの
http://www.battlebreak.com/event/ntournament.html
から。
諸君の応募を待っている。
では、愛媛大会でブレイクぅぅぅぅアウトぉぉぉぉ!

2011年7月20日(水)

ページの先頭へ ▲

地球帝国エンパイア

諸君、3月だ。で言えば弥生(やよい)だ、うっうー!
バトルブレイクの発売まであと2ヶ月を切ってしまった。
ここから本気を出すぞ!

ということでまずは告知。
先週もお知らせしたが、今週末の3月6日(日)、池袋のサンシャインシティの噴水広場で、バトルブレイクの大体験会が行なわれる。
2月までの先行体験会と同じく、バトルスターターを使っての体験会になるが今回は展示コーナーもある。
第1弾のフィギュア16種のサンプルが見られるはず。
開催時間は10~17時。
体験プレイは30~60分ほどなので、諸君の都合のよい時間に来場してほしい。

さて先週から、バトルブレイクの背景世界を紹介している。
今までもちょこちょこっと触れてきたが、バトルブレイクには4つの「勢力」がある。
トレーディングカードゲームで言うところの「カードの色」のようなものだ。
今週は、そのひとつ、「エンパイア」を紹介しよう。



エンパイアは、地球を統一した帝国、「地球帝国」(EE:Earth Empire)のことだ。
兵力だけで見れば、バトルブレイクの舞台である2111年最大の勢力と言って良い。
21世紀の多くの戦いの中で、地球帝国は地球すべての国家を取り込んでいった。
その原動力となったのが、機械を中心とした強大な軍事力だ。

21世紀前半には、全世界的に核兵器は廃絶され、抑止力としての兵器は失われた。
そんな中、エンパイアは都市や重要拠点を制圧するのに特化したロボットなどの機動兵器を開発、実戦投入した。
強力な火力と機動性にすぐれたエンパイアの兵器は、それまでの兵器の性能をはるかに凌駕するものだったのである。

まあ、エンパイアによる地球統一の話は、バトルブレイクの本題ではない。
2101年にエンパイアは地球統一を果たしたが、その後もなお軍拡は続いている。
特にその中心は、「宇宙」に向けられている。
2069年(アポロ11号による月面着陸の100年後)には早くも宇宙軍を設立。
2101年に初の宇宙空母「ビーグル」を進水させ、以後、1年に1隻のペースで宇宙空母を就役させている。
宇宙軍の拡充は皇帝の勅命によっておこなわれているが、「なぜ宇宙に?」という批判は多かった。
しかし、エイリアンの登場により、宇宙軍の役割は重要になっている。
エンパイアの宇宙軍の戦力は、エンパイアの戦力に十分対抗しうるものなのだ。

エンパイアの中心戦力は、大きくわけて3種類がある。
ひとつはロボット兵器(操縦型も自律型ロボットもいる)。
ふたつめが、飛行歩行を含めた乗り物型の機動兵器。
そしてみっつめが、兵士そのもの。
宇宙軍の兵士は大量生産され、強力な武器を持つことで強大な軍隊となっている。
また一部の兵士は、人間の能力をはるかに超えるという。

バトルブレイクのルール的なエンパイアの特徴は「機動力」だ。
速い移動力(しかも飛行も多い)と、長い射程で、すぐに敵を攻撃できる。
特に敵の城を攻撃するのに数ターンしかかからないので、攻城デッキに向いている。
他の勢力に比べるとちょっとだけ戦略が難しいが、速攻型デッキが好きなひとにはおすすめの勢力だ。

さて、次はエンパイアの宿敵とも言えるガイアについて紹介しよう。
では来週! ガイア獣人軍でブレイク・アウト!

2011年3月5日(土)

ページの先頭へ ▲

“バトルブレイク” “トレーディングフィギュアバトル”はバンダイの登録商標です。

バンダイ