場取武礼駒 地形効果

諸君! ついに、本日はUstreamでの場取武礼駒ナマ中継だ。
戦国武将版バトルブレイクの対戦を、ノーカットでリアルタイムでお送りするぞ。
公式大会では以前ナマ中継をしたことがあるが、こういう形での対戦の配信ははじめて。
一昨日から「グダグダになるんだろうな」とは予想しているが、それも味のうち。
一緒に楽しんでほしい。

日時を確認すると、本日3月9日(金)の19時から。
下のUstreamのチャンネルで行なう。

戦国兵法場取武礼駒 エキシビジョンマッチ
http://www.ustream.tv/channel/10453774

たぶんダラダラとプレイしているので、1時間くらい遅れてもまだ対戦していると思う。
ぜひ遊びに来てくれ。

と、いうことで、最近、「場取武礼駒 川中島之決戦」の選択ルールを紹介しているが、今日は「地形効果」を紹介しよう。
地形効果というと、「このマスに入ると攻撃+2」とか「このマスに入ると防御+2」のようなイメージがあるかもしれない。
しかし、「場取武礼駒 川中島之決戦」では、駒の性能をあまり変えたくなかったので、地形効果は移動中心に設定することにした。

川中島のマップには、「平地」「川」「山」の3種類のマスがある(あと城マス)。
平地は普通とし、川と山には、次のようなルールがある。

●川のマス
・川に移動したとき、そのマスで移動を止める。
 ただし、移動力が2以上残っている場合、さらに1マスだけ移動できる。
・川にいる鉄砲足軽は、攻撃も家紋効果も使えない。

●山のマス
・山以外から山に移動したとき、そのマスで移動を止める。
 ただし、移動力が2以上残っている場合、さらに1マスだけ移動できる。
・山から山に移動するときには、通常どおり。
・山から山以外に移動した駒は、その行動中「攻撃+2」を持つ。
このようにルールにしてしまうとちょっとわかりにくいかもしれない。
イメージしやすいように書くと、
・川のマスに入ると移動力がおちてしまう
・川から川に移動するときにも、普段より多く移動力がいる
・平地から山に移動するときには普段より多く移動力がいる
・山から山に移動するときには、普段どおり
・水のあるマスでは鉄砲は使えない
・山から降りてきた駒は、そのいきおいで「攻撃+2」を持つ

と、これでだいぶわかりやすくなったかな?
下の図も参照すると理解できるかもな。


この地形効果を使うと、マップの横に連なる妻女山(さいじょざん)が、上杉側から武田軍のいる海津城へのバイパスとなる。
山から降りてきた駒は、平地(八幡原)の敵軍を強襲できる。
また、川(犀川と千曲川)によって、進軍は一度止まってしまう。
このように、史実の川中島に近い戦いを楽しむことができる。
特に歴史が好きな諸君には使ってもらいたいルールだ。

もちろん、バトルブレイクが好きなゲーマーの諸君にも新鮮な戦いを提供する。
城周りでの移動が思うようにいかず、新しいバトルになることうけあいだ。

さあ、この地形効果、今日のUstream配信で使うかどうかはわからない。
まずは、場取武礼駒ならではの対戦をじっくり見てほしい。
それでは、19時に、Ustreamで、武礼駒合闘(ぶれいくあうと)!

“バトルブレイク” “トレーディングフィギュアバトル”はバンダイの登録商標です。

バンダイ