第4弾 闘龍-Battle Dragon-

諸君、バナフェス!タウンの大会には参加しているかな?
本日は4日目。大会終了まであと4日だ。
がんばってランキングを上げていってほしい。

さて、いよいよ今日から第4弾「闘龍 -Battle Dragon-」を紹介していこう。


第4弾のテーマはズバリ、ドラゴン。
今までも第1弾のラッキードラゴン、プロモフィギュアのV龍と、2種類のドラゴンフィギュアが登場しているが、今回ついに、その秘密が明かされる。

今まで、「ドラゴンアイコンはどんな効果があるのですか?」と聞かれることがあったが、いつも「ひみつ!」と答えていた。
しかし、11月21日(予定)、ついにドラゴンアイコンの効果が解禁になる。
その秘密の効果とは……。
まだ秘密だ。

もちろん、ドラゴン以外にも、注目のフィギュアがもりだくさん。
これから1体1体フィギュアを紹介していくので、楽しみにしていてほしい。

では、まだちょっと気が早いけど、秘密のドラゴンでブレイクアウト!

あの素晴らしいトカゲ弓兵をもう一度

諸君、これから年末に向けて、商品もイベントも盛りだくさん。
更新をストップしているわけにはいかないので、ついてきてくれよ。

まずは、昨日お伝えした「バナフェス!タウン大会」もいよいよ3日目。
逆に、大会終了まで、あと5日!
「オレは強い!」と自負するブレイカーなら、たくさん対戦をこなしたほうが、ポイントは上がりやすい。
もちろん、負け続けるとポイントは下がってしまうが……。
平日は夜だと対戦相手が見つかるので、ぜひ毎日対戦しよう。

さて、その「バナフェス!タウン大会」、伝え忘れたことがある。
それは……

賞品!

賞品で釣るつもりはないのだが、気がついたら豪華賞品になっているので、ぜひ紹介しよう。
重要なポイントは3つ!

1.オンライン上の賞品とリアル賞品の両方がもらえる!
2.あのトカゲ弓兵が復活!
3.100位まで全員にプレゼント!

今回、オンライン上での大会だが、賞品はオンライン対戦で使えるデータはもちろん、リアルのフィギュアやコインも賞品になっている。
入賞した人にはあとでメールで住所を送ってもらい、リアル賞品を発送する予定だ。
そのリアル賞品はこちら!




賞品となるフィギュアは、トカゲ弓兵!
公認大会「1stBREAK」の入賞賞品で、今では入手困難なプロモーションフィギュアだ。
特にトカゲ弓兵ゴールドは、強いとの評判。
ちなみに、トカゲコンボは今後も用意されているので、さらに強くなる可能性も持っているぞ。
このチャンスにぜひ入手しておこう。

そして、100位までの諸君には、城コイン「歩行3」と収納ボックスがもらえてしまう。
まさにリアルの大会と同じ、という感じだ。
100位までに入るのはそんなには難しくない。ぜひチャレンジしてほしい。

もちろん、バナフェス!タウンで使える、ヴァーチャルな賞品も用意している。
それが、こちらだ。




1位には金、2位には銀、3位には銅のエンブレムと称号があたえられる。
オンライン上のゲームでは効果はないが、みんなに自慢することができるぞ!
さらに、10位までの諸君には、ダーククレセントの着せ替えアバターをプレゼント。
こちらもゲームでは効果はないが、この姿で歩けば自慢することができるぞ!
そして、100位までの諸君には、これまた城コイン「歩行3」をプレゼント。
こちらは、バナフェス!タウンのオンライン対戦で使うことのできるアイテムだ。
リアルの「歩行3」と、オンラインで使える「歩行3」、両方をゲットしよう。

と、いうことで、オンライン上での大会といっても侮ることなかれ。
10都市ツアーとかわらない賞品を用意しているのだ。
10都市ツアーには行けなかったという諸君も、ぜひ参加してほしい。

――――――――――――――――――――

最後に速報が1つ。
11月27日(日)に東京浅草で行なわれる、アナログゲームのイベント「ゲームマーケット2011秋」に、バトルブレイクが参戦!
こちらでは、発売されたばかりの第4弾環境でのトーナメント大会を行なう。
申し込みは、公式サイトで10月31日(月)より受付予定だ。
受付期間は1週間の予定なので、忘れずに申し込んでほしい。
イベントの詳細などは、またくわしくお知らせするぞ。

それでは、インターネットと浅草、2つの大会でブレイクアウト!

バナフェス!タウン大会

諸君、1ヵ月ぶり! 元気にしてたかな。
第5弾や武将のアレとか開発に集中させてもらっていたが、第4弾「闘龍」の発売まで1ヵ月となってしまった。
ということで、これからどんどん第4弾情報を放出していくぞ。

と、その前にタイムリーな情報から。
バンダイナムコゲームスさんがお送りする、アバターであそべるキャラクターテーマパーク「バナフェス!タウン」に、オンラインで遊べるバトルブレイクのタウンがあるのは、もちろん知っているな?
このバナフェス!タウン内「キャッスル」にて、バトルブレイクの大会が開催されている。
期間は10月25日から10月31日の1週間。
つまり、今だ! なう!


バナフェス!タウンでは、(対戦者がいるかぎり)いつでも対戦ができる。
対戦で勝てばランキングポイントが上がり、負ければランキングポイントが下がる。
このランキングポイントは累計され続け、1週間後のランキングポイントで順位を決め、大会をしようというわけだ。

さて、この大会のレギュレーションだが、現在のところ、バナフェス!タウンでは、第2弾までのフィギュアを使うことができる。
今までと同じルールだと、(リアル大会)の第2弾環境と同じになってしまう。
また、持っているフィギュアが少ないという人もいるはずだ。
そんなわけで、今回の大会専用のルールを用意した。

1.デッキのフィギュアの合計は6体
2.デッキのフィギュアの合計レベルは20まで
3.城コインは3枚
4.ゲームスタート時に待機エリアにあるバトルコインは1枚

おそらく、今回のこのルールで、いつもとは違ったバトルが楽しめるはずだ。
デッキの組み方も当然ながら変わってくる。
まあ、オンラインだとどうしてもプレイ時間がかかってしまうので、少し時間が短くなるようなルールにしてある。
さて、どんな展開になるか、私も楽しみだ。

なお、バナフェス!タウンでのバトルブレイクのフィギュアがないという人も大丈夫。
今回の大会を記念して、「ケルベロス計画暴走」と「クレセント小隊の野望」のスターターが両方プレゼントされる(今まではどちらか一方)。
これで8体。
その中から6体を選べば、すぐに大会に参加できる。

さらに!
大会期間中は、バナフェス!タウン内でのバトルブレイクのガシャポンが、なんと半額!
ガシャポンでさらにデッキを強化してほしい。
月並みだけど、レベル4の甲蟲王とかは、今回のレギュレーションではかなりいいんじゃないかな。

では、バナフェス!タウン大会でブレイクアウト!

全国10都市ツアー 浜松大会

諸君、連休明けだ!
敬老の日にはちゃんとお年寄りを大切にしたかな?
敬老の日に限らず、お年寄りは大切にしよう。
連休が終わったとはいえ、3日すぎたらまた今度は秋分の日だ。
秋分とは「暑さ寒さも彼岸まで」の「お彼岸」にあたる。
これで暑さが終わってくれるといいんだがな。いや、まったく。

今回は予定通り、全国10都市ツアー浜松大会のレポートだ。
と、その前に、恒例のグルメレポート。
浜松と言えば「うなぎ」だが、浜松大会の前日はVジャンプフェスタ大阪大会だったため、浜松についたのは9時すぎ。
うなぎ屋を探したが、めぼしいところはすべて閉店。

そこで紹介してもらったのが、静岡県民なら誰でも知っている、「げんこつハンバーグの炭焼きレストラン」を名乗る、ファミレスだ。
その「げんこつハンバーグ」というのがこちら!


写真だと縮尺が狂うが、ほんとうにげんこつサイズ。
この丸っこいハンバーグを、ウェイトレスさんが目の前で半分に切って、鉄板に押し付けて焼いてくれる。
味もレア、しかもジューシーで美味しかった!

もちろん、次の日の昼には、


浜松餃子を堪能。
浜松餃子は、カリカリの皮とつけあわせのモヤシが特徴的。
さらに、大会終了後には、

この日食べたのは珍しい「白焼き丼」。
たれをつけないで焼いた、うなぎの白焼きの丼だ。
うなぎそのものの味が味わえて、非常に上品な味わいだった。
浜松は予想以上に美味いものが多い。またぜひ来たいぞ!

と、なんだかこれで終わってしまいそうだが、肝心の大会だ。
浜松大会は8月27日、静岡県浜松市のTKP浜松カンファレンスセンターで開催。
東京、大阪、名古屋が大人数になるのは当たり前だが、ここ浜松は他の地方会場の中でも随一の人の集まり。
聞けば浜松はカードゲームも盛んらしい。
強さはもちろんだが、面白いデッキなども沢山見られ、第2弾環境最後にふさわしい大会となった。

では、優勝者、準優勝者のデッキを見ていこう。

●小学生の部 優勝 久米祥太くん


【フィギュア】
A-007 アビリティーDEX ×2
E-005 ワン・オブ・ナイン ×2
E-011 トリヤマロボ ×1
C-001 ケルベロス ×2
C-005 ホシクジラ ×1
C-009 甲蟲王 ×2
【城コイン】
CA-01 反撃2
CA-02 退去
CA-04 飛行2
CA-P01 歩行3
【バトルコイン】
青×2、緑×5、黄×3

――――――――――――――――――――

●小学生の部 準優勝 野中皓太くん


【フィギュア】
C-001 ケルベロス ×1
C-008 フタゴトカゲ ×2
C-004 リヴァイアサン ×1
C-009 甲蟲王 ×2
C-005 ホシクジラ ×2
C-006 ラッキードラゴン ×1
C-010 不死フェニックス ×1
【城コイン】
CA-01 反撃2
CA-02 退去
CA-04 飛行2
CA-P01 歩行3
【バトルコイン】
緑×10

――――――――――――――――――――
小学生の部は、プレミアムイベントの覇者、久米祥太くんと、意外と珍しい緑一色デッキの使い手、野中皓太くんとの戦い。
両者とも超高速型のデッキ。
甲蟲王を中心に、相手の城をどんどん削っていく。
勝敗を分けたのは、城コインの城効果。
皓太くんがデッキブレイクするが、ちょうどいいタイミングで出てきたのは「歩行3」。
祥太くんはその「歩行3」でフィギュアをうまく動かし、勝負を決めた。
――――――――――――――――――――

●一般の部 優勝 丹下睦満さん


【フィギュア】
A-007 アビリティーDEX ×1
C-001 ケルベロス ×1
C-008 フタゴトカゲ ×1
C-009 甲蟲王 ×1
C-P01 V龍 ×1
C-006 ラッキードラゴン ×1
C-010 不死フェニックス ×1
E-005 ワン・オブ・ナイン ×2
E-011 トリヤマロボ ×1
【城コイン】
CA-01 反撃2
CA-02 退去
CA-04 飛行2
CA-P01 歩行3
【バトルコイン】
青×1、緑×7、黄×2

――――――――――――――――――――
●一般の部 準優勝 久保田辰則さん


【フィギュア】
A-002 アイアイ ×1
A-001 サンドリアン ×1
A-004 ウォータリアン ×1
A-005 チャクラ星人 ×1
A-010 カレルレン ×1
C-001 ケルベロス ×1
C-008 フタゴトカゲ ×1
C-004 リヴァイアサン ×1
C-009 甲蟲王 ×1
C-010 不死フェニックス ×1
【城コイン】
CA-01 反撃2
CA-02 退去
CA-04 飛行2
CA-P01 歩行3
【バトルコイン】
コイン 青×5、緑×5

――――――――――――――――――――
一般の部は、わりとスタンダードなデッキの丹下睦満さんと、エイリアンの割合が高い青緑デッキ、久保田辰則さんとの決戦。
小学生の部とはうってかわって、慎重なプレイングが続く長期戦となった。
わりと早い段階で丹下さんが久保田さんの城コインを1枚まで減らすが、しかし、ここから久保田さんが脅威の粘りを見せる。
久保田さんの城を守るのは、カレルレン、不死フェニックス、アイアイ、ウォータリアンなどそうそうたる面々。
長期戦になり、丹下さんの廃棄エリアには、多くのフィギュアが。
しかし、久保田さんに絶対失敗が続いたこともあり、最後は丹下さんのV龍が空いたマスに飛び込み、最後の城コインをキャッスルブレイクに成功。
丹下さんが勝利を収めた。
――――――――――――――――――――

と、いうことで、第2弾環境では最後の大会となったが、そのプレイングは多様。
見ていて非常にもりあがる大会となった。
それにしても、絶対失敗ばかりはどうにもならんな。
いや、そんなときこそチャクラ星人なのかな?

さて、明日21日は、Vジャンプ11月号の発売日だ。
10月号に公開された「ドゴロチ」に続き、第4弾「闘龍(バトルドラゴン)」の新フィギュア、「アビリティーINT」「聖獣セイリュウ」「ワニゲーター」が紹介されているぞ。
キミのその目でとくと見て欲しい。

では、Vジャンプ11月号で、ブレイクぅぅぅぅアウトぉぉぉぉ!

全国10都市ツアー 名古屋大会

諸君、1週間ぶり。
と、いうことは全国10都市ツアーが終わって1週間がたってしまったということだ。
時がたつのは早いな。
実は、名古屋大会、浜松大会、東京大会、金沢大会のレポートがまだできていないので、こちらを地道にやっていくぞ。

ということで、8月21日に愛知県名古屋市のIMYホールで行なわれた名古屋大会。
まずは恒例のグルメレポートから。
名古屋入りしたのは前日の8月20日だったが、その日はVジャンプフェスタ東京大会だったため、名古屋についたのは9時近く。
そのため、駅の近くで名古屋メシを堪能することになった。

数ある名古屋メシの中から選んだのは……


「わらじとんかつ」(ミソカツ)と、


「味噌煮込みうどん」
どっちも八丁味噌を使った名古屋名物の代表格。
味噌というとキツい味付けのようなイメージもあるが、どちらもまろやかでウマかった!
名古屋は特徴のある食べ物が多いので、何度でも行ってみたいぞ。

さて、では本番の全国10都市ツアー名古屋大会。
21日のこの日は、雨。雨というより豪雨。
私が会場についたときはそんなにはふっていなかったが、時折すごい雨になっていたらしい。
そんな豪雨の中、小学生も一般も、大勢の人が集まってくれた。

では、多くのブレイカーの中から勝ち抜いた、決勝進出者のデッキを見てみよう。

―――――――――――――――――――

●小学生の部 優勝 中島滉くん


【フィギュア】
A-007 アビリティーDEX ×1
C-001 ケルベロス ×1
C-008 フタゴトカゲ ×1
C-009 甲蟲王 ×2
C-005 ホシクジラ ×1
C-P01 V龍 ×1
C-010 不死フェニックス ×1
E-005 ワン・オブ・ナイン ×2
【城コイン】
CA-01 反撃2
CA-02 退去
CA-04 飛行2
CA-P01 歩行3
【バトルコイン】
緑×7、黄×2、青×1

―――――――――――――――――――

●小学生の部 準優勝 服部信晃くん


【フィギュア】
A-010 カレルレン ×1
C-001 ケルベロス ×1
C-008 フタゴトカゲ ×1
C-004 リヴァイアサン ×1
C-009 甲蟲王 ×2
C-P01 V龍 ×1
C-010 不死フェニックス ×1
E-005 ワン・オブ・ナイン ×1
E-011 トリヤマロボ ×1
【城コイン】
CA-01 反撃2
CA-02 退去
CA-04 飛行2
CA-P01 歩行3
【バトルコイン】
緑×7、黄×2、青×1

――――――――――――――――――――
小学生の部は、中島滉くんと服部信晃くんの戦い。
この名古屋大会、会場全体を見回すと特徴的なデッキが色々見られたが、決勝トーナメント、決勝とコマを進めていくうちに、スタンダードな第2弾環境デッキばかりに。
そんなわけで、決勝に進出した2人のデッキは、スタンダードな第2弾デッキ。
バリエーションという意味ではちょっと寂しいが、第2弾の「定番」のデッキを見るチャンスだった。
最後、信晃くんはカレルレン(SP)とフェニックスの両方を出して対抗したが、滉くんがビートルビートを使った甲蟲王で最後の城をブレイク!
見事勝利を決めた。
――――――――――――――――――――

●一般の部 優勝 服部信秀さん


【フィギュア】
A-007 アビリティーDEX ×1
C-001 ケルベロス ×1
C-008 フタゴトカゲ ×1
C-009 甲蟲王 ×2
C-P01 V龍 ×1
C-010 不死フェニックス ×1
E-005 ワン・オブ・ナイン ×1
E-008 ビーム歩兵 ×1
E-011 トリヤマロボ ×1
【城コイン】
CA-01 反撃2
CA-02 退去
CA-04 飛行2
CA-P01 歩行3
【バトルコイン】
緑×6、黄×3、青×1

―――――――――――――――――――

●一般の部 準優勝 柳原崇さん


【フィギュア】
A-007 アビリティーDEX ×2
C-001 ケルベロス ×2
C-009 甲蟲王 ×2
C-005 ホシクジラ ×1
C-010 不死フェニックス ×1
E-005 ワン・オブ・ナイン ×1
E-011 トリヤマロボ ×1
【城コイン】
CA-01 反撃2
CA-02 退去
CA-04 飛行2
CA-P01 歩行3
【バトルコイン】
緑×6、黄×3、青×1
――――――――――――――――――――
小学生の部同様、第2弾最強デッキ同士の戦いとなった一般の部。
特に、柳原崇さんのデッキは、他の大会でもよく見られたスタンダードな第2弾デッキといえるだろう。
それに対する服部信秀さんも、ほぼ柳原さんと同じようなデッキだが、ビーム歩兵がチャームポイントだ。
試合は、アビリティーDEXの出し合いからスタート。
服部さんはさらにビーム歩兵やワン・オブ・ナイン、V龍など高速フィギュアを投入して、どんどん攻めて行く。
柳原さんもこれをケルベロスで撃ち落としつつ、負けじとワン・オブ・ナインを投入。
気がつけばあっという間に、両者の残り城コインは1枚ずつに。
最後は、服部さんがトリヤマロボで最後の城1枚をブレイクし、勝利をおさめた。
―――――――――――――――――――

と、いうことで、デッキレシピの研究が進んでいるため、スタンダードなデッキ同士が戦うときには、戦略性がモノを言う(もちろんダイス運も)。
さらに、スタンダードなデッキの中に入っている1つのちょっとかわったフィギュアが、戦局を左右する。
今回の服部さんのビーム歩兵は、そんな「冴えたフィギュア」だったと言えるだろう。

と、いうことで名古屋大会では、「強豪」のプレイングを見せてもらった。
次の浜松大会が、第2弾環境最後の大会になる。
その模様は、次回、紹介していこう。
それでは、浜松のうなぎでブレイクぅぅぅぅアウトぉぉぉぉ!

“バトルブレイク” “トレーディングフィギュアバトル”はバンダイの登録商標です。

バンダイ