第3弾フィギュア紹介(15)モアイ・キャノン

諸君、元気だったかな?
私は夏休みがおわり、燃え尽きてしまったが、そろそろブログも再起動だ。

まず、明後日9月11日、全国10都市ツアーの最後、金沢大会が行なわれる。
金沢は石川県、能登半島のつけねだ。

会場は石川県文教会館の4階会議室。
金沢城公園の近くにあり、バスで行く場合は金沢駅より香林坊方面行バス、「南町」下車、徒歩2分だ。
詳しくは、石川県文教会館のサイトを見てほしい。
http://www.bunkyo.or.jp/basic/access.html

金沢大会には当日オープン枠があるので当日参加が可能。
事前申し込みをしていなくても、当日会場に来れば参加ができる
(会場の定員を超えた場合には入場をお断りすることもあるので、ご了承願いたい)。
集合時間は10時30分だ。
全国10都市ツアーの最後となるしめくくりの大会、北は北極点から南は南極点まで、多くのブレイカーの諸君の参加をお待ちしている。
もちろん、先週東京大会に行ったという諸君も、ぜひ参加してくれ。

なお、金沢大会のレギュレーションは東京大会と同じ。
第3弾「混戦」とケルベロス零号、城コイン「プッシュ2」が使用可能だ。
ゴールドオックス、シルバーオックス、ブロンズオックスは使用できないので注意してほしい。

―――――――――――――――――――

さて、告知が終わったところで、まだ3体ほど残っている「第3弾フィギュア紹介」。
今日は、空中移動砲「モアイ・キャノン」を紹介しよう。

●モアイ・キャノン


エンパイア/レベル1/飛行2
自動効果:射程2

―――――――――――――――――――

コイン効果がないので、実にシンプルなデータだ。
機動力自慢のエンパイアだけあって、攻撃できる範囲はレベル1フィギュアの中では最高性能。
おすすめの使い方のひとつは、第1ターンにこのモアイ・キャノンとワン・オブ・ナインをセットで出撃させること。
1ターン目に出すフィギュアを2体にすることで、敵からの攻撃を分散することができる。

また、「射程」持ちなので、5段ロケットT-50とのコンボもおすすめ。
5段ロケットT-50の「一斉射撃」とコンボさせれば、1ターンに3マスの移動が可能になる。
射程持ちなので、相手の城が守られている場合でも城攻撃をしやすいのでぜひ試してみてほしい。

―――――――――――――――――――

と、いうことで、私は明日、金沢入りする予定。
甘エビやズワイガニの季節にはちょっと早いので、ここはチャンカレか?
それともハチバンなのか?
もちろん、大会も楽しみにしているぞ。
では、金沢大会でブレイクぅぅぅぅアウトぉぉぉぉ!

第3弾フィギュア紹介(14)ゲンブ

諸君、ついに! ついに! 夏休みもクライマックスだ!
この週末が2011年の夏休み最後の週末。
ヒトナツの経験値をためた人も、夏休みに何もなかった人も、夏休みがなかった人も、最初からクライマックスだった人も、この週末はクライマックス!
もちろん、バトルブレイクのスケジュールもてんこもりだ。

●ブレイクツアー(27日、28日)
バトルブレイクの体験会「ブレイクツアー」、夏休みの最後にバトルブレイクでヒトナツの体験会だ!
体験会では、バトルブレイクの遊び方を1から教えてもらえるぞ。
時間は10~17時。所要時間は約30分なので、好きな時間に遊びに来てほしい。

8月27日(土)
【埼玉】イトーヨーカドー錦町店
【福岡】イオン大牟田店
8月28日(日)
【兵庫】ダイエー名谷店
【大阪】イオンりんくう泉南

●Vジャンプフェスタ大阪会場(27日)
カード&ゲーム&ホビーの夢の祭典「Vジャンプフェスタ2011」。
20日の東京会場に続き、明日は大阪大会だ。
完全招待制のため当日参加はできないが、招待券を持っている諸君はよろしく!
東京会場では、体験会「はじめてのバトルブレイク」が好評だったため、急きょ体験会スペースを拡大、より多くの諸君に対応する。
また、貸し出しデッキも沢山用意したので、初心者も諸君もレベルアップ大会に参加しやすくなった。
なお、このレベルアップ大会は、なんと第3弾「混戦」の使用がOKだ。
第3弾の実力をためすこの大会、ぜひ参加してほしい。

●全国10都市ツアー浜松大会(28日)
8月28日の浜松大会は、当日オープン参加が可能!
事前申し込みをしていなくても、当日会場に来れば参加ができる
(会場の定員を超えた場合には入場をお断りすることもあるので、ご了承願いたい)。
会場は、駅直結の駅ビル「メイワン」の中、TKP浜松カンファレンスセンター、集合時間は10時30分だ。
アクセスしやすい会場なので、ぜひみんな参加してほしい。
なお、この浜松大会は、第2弾環境での最後の公式大会になる。
第2弾環境のしめくくり、素晴らしいデッキを楽しみにしているぞ!

――――――――――――――――――――

さて、スケジュールの告知が終わったところで、「第3弾フィギュア紹介」に行こう。
今日は、太陽系を守る四聖獣のひとつ、「聖獣ゲンブ」を紹介しよう。

●聖獣ゲンブ


クァール/レベル6/歩行1
自動効果:2ダメ、装甲1
コイン効果:玄武の守り(コスト:緑1)
このフィギュアがダメージを受けた直後に使う。直前に受けたダメージを無効にする。

――――――――――――――――――――

巨大な亀の姿をしている聖獣ゲンブ。
その甲羅のてっぺんにあるのが、普通の木なので、その大きさがわかるだろう。
そんな巨大なゲンブは、地球のビクトリア湖の湖底に何千万年もの間眠っていた。
ビクトリア湖のあるアフリカ大陸は人類誕生の地。
ゲンブと人類の誕生の間に、どんな関係があるのか?
その謎をめぐっての戦いが、第3弾「混戦」の舞台なのだ。

バックグラウンドストーリーを話すと長くなるので、とりあえず聖獣ゲンブのデータを説明していこう。
まずは自動効果「2ダメ」と「装甲1」と、申し分のない能力。
「装甲1」を持つうえにレベル6なので、とにかく硬い。
普通のフィギュアだと、どうやってブレイクしていいのか、途方にくれてしまうだろう。
しかも聖獣ゲンブは、「玄武の守り」というやっかいなコイン効果を持っている。

「玄武の守り」は、どんなダメージも無効にしてしまう効果。
たとえ4ダメージをくらったとしても、そのダメージをなかったことにできる。
もっとも、「玄武の守り」自体のコストが1なので、コインは1枚減ってしまうが。
具体的には、3ダメージ以上を食らうときには、「玄武の守り」を使ったほうが得だろう。
なお、1つのコイン効果は1ターンに1回しか使えないことも忘れないようにしよう。

ただし、このゲンブの最大の弱点は移動力が歩行1であること。
とにかくノロい。
クァールは移動サポートの能力も少ないので(ラッキードラゴンの「おさんぽ」くらい)、地道に一歩ずつ進んで行かないといけない。
ということで、攻城向きのフィギュアではないが、かといって防城として使う場合も注意が必要。
レベルが6のため、大量のコインを保持してしまい。その他のフィギュアの展開が難しくなってしまう。
最大の防御力を誇るが使い方は難しいぞ!

――――――――――――――――――――
と、いうことで、明日はVジャンプフェスタ大阪会場。
第3弾「混戦」の活躍を楽しみにしているぞ!
では、Vジャンプフェスタ大阪会場で、ブレイクぅぅぅぅアウトぉぉぉぉ!

第3弾フィギュア紹介(13)ザムザ

諸君、第3弾「混戦」はもう手に入れたかな?
私はとりあえず、「サウス・カルフォルニア・パール」か謎のシークレットパラレルが出るまで回してみた。「サウス・カルフォルニア・パール」が出たぞ。ヒナモグ、看護兵もしっかり入手。
また、「5段ロケットT-50」も手に入ったので、ここは一斉射撃デッキを組もうと考えている。
まずは第1弾の「バズーカ歩兵」を掘り出してこないとな。

さて、「第3弾フィギュア紹介」、今日はちょっとかわったフィギュア「ザムザ」を紹介しよう。

●ザムザ


クァール/レベル3/歩行1
自動効果:2回行動
コイン効果:変態(コスト:緑1)
自分のターンの最後に使う。このフィギュアと、チャージされているコインを自分の待機エリアにもどし、このフィギュアがいたマスに「カフカ」を出撃させる。

――――――――――――――――――――

ある巨大蟲の幼虫ザムザ。幼虫、つまり芋虫だ。
幼虫だけにちょっと弱いのだが、それでもレベル3。
だったら成虫になったらどんだけ強いのか、ちょっと期待してしまうな。

さて、ザムザが持つのは新自動効果の「2回行動」。
これは、「行動」を2回できてしまうという夢がふくらむ効果だ。
行動は、「移動→攻撃」なので、「移動→攻撃」を2回できる。
「移動→攻撃→移動→攻撃」でもいいし、
「移動→攻撃→移動」でヒット&アウェイでもいいし(それをするには移動力が少ないが)、
「移動→攻撃→攻撃」でもいいし(特に城を2回攻撃できるのはおいしい)、
「移動→移動→攻撃」でもいいし(まあ、このままだと結局歩行2と同じだが)、
「攻撃→攻撃」で、別の2体のフィギュアを攻撃することもできる。

とはいえ、歩行1で特に攻撃効果は持たないので、2回行動をうまく生かせるかはコンボ次第。
うまく使えたらラッキー!くらいに考えておこう。

それより諸君が気にしているのは、コイン効果「変態」のほうだろう。
「変態」とは、虫などが、幼虫からサナギ、サナギから成虫へと姿を変えること。
そう、ザムザはカフカへと剛力招来するのだ!
ただし、残念ながらサナギ体であるカフカは第4弾の収録。
どんなフィギュアなのかは、もうちょっと先の話だ。
それまで大事に取っておいてほしい。
おっと、今のままでも結構使えるから、そこはよろしく!

――――――――――――――――――――
さて、本日8月25日は、全国10都市ツアー東京大会の事前応募締切だ!
東京大会は、9月4日(日)、東京都立産業貿易センター浜松町館でおこなわれる。
東京大会は、第3弾のフィギュアを使うことのできる大会だ。
忘れないで、応募してほしい。

では、次の「第3弾フィギュア紹介」は「聖獣ゲンブ」で、ブレイクぅぅぅぅアウトぉぉぉぉ!

第3弾フィギュア紹介(12)アビリティーSTR

諸君、今日第3弾「混戦」が発売されている!
すばらしい!!

そして、今日は私のバースデーでもある。 


基本的に現在発売されているのはカプセル自販機のほう。ブースターパックはこれより遅くなる。
一部すでに販売されているところもあるようだが、もうちょっと待っていてほしい。
27日からは、キャンペーン店舗で対象商品を購入すると「ケルベロス零号」がもらえるキャンペーンもはじまる。
バトルを変える第3弾をぜひ手にしてほしい。

この第3弾の大会での使用時期について、まとめておこう。
まず、週末にあるVジャンプフェスタ2011大阪大会は、使用OKだ(おまつりだからな)
全国10都市ツアーについては、実力をはかる公式大会でもあることから、使用解禁まですこし猶予がある。
そのため、8月28日の浜松大会までは2弾環境。
9月4日の東京大会から第3弾が使用OKになる。
また、オフィシャルショップで行なわれる公認大会については、基本的には「1st BREAK」までは2弾環境、9月5日から行なわる「2nd BREAK」からが3弾環境だ。
そのため、第3弾は9月5日以降に行なわれる公認大会から使用OKだ。
ただし、細かいレギュレーションについては、各ショップ様にお任せするので、参加する諸君は、ショップに問い合わせして確認してほしい。

○Vジャンプフェスタ2011大阪大会:第3弾使用OK
○全国10都市ツアー:9月4日の東京大会から第3弾使用OK
○公認大会:9月5日スタートの「2nd BREAK」から第3弾使用OK

なお、明日8月25日は全国10都市ツアー東京大会の事前応募締切だ!
東京大会は、9月4日(日)、東京都立産業貿易センター浜松町館でおこなわれる。
東京はブレイカー人口も多く、すでに多くの諸君の応募をいただいている。
当日オープン枠があるかどうかわからないので必ず事前応募して欲しい!

と、いうことで、第3弾はすでに発売になったが、「第3弾フィギュア紹介」、残りのフィギュアを紹介していこう。
今回は、ヒーロー集団アビリティーズの一員、アビリティーSTRだ。

●アビリティーSTR


エイリアン/レベル3/歩行2
自動効果:2ダメ
コイン効果:STRチャージ(コスト:青1)
攻撃のかわりに使う。となりの自分のエイリアンのフィギュアを1体選ぶ。このターン中、対象のフィギュアは「2ダメ」を持つ。

――――――――――――――――――――
第2弾のアビリティーDEXに続いて、ヒーローチーム「アビリティーズ」から、アビリティーSTRが登場!
「STR」は「ストレングス」と呼んでくれ。
英語で「力」という意味だ。

その名のとおり、強力な腕力で相手を攻撃するので「2ダメ」を持つ。
今まで「2ダメ」を持つ最低レベルは、ガイアのガネーシアンとダゴンのレベル4(コイン効果で持つものはのぞく)。
アビリティーSTRはそれをさらに下回るレベル3。
その力強さがわかってもらえただろうか。
しかも歩行2を持つので、機動力もそこそこ。

そして、アビリティーDEX同様、その能力を他のフィギュアにあたえることができる。
コイン効果「STRチャージ」を使えば、自分の他のエイリアンを「2ダメ」持ちにできる。
特におすすめなのは、やはり「2連撃」持ちに「STRチャージ」すること。
「2ダメ」で「2連撃」するのはやはり強い。
今のところ、エイリアンで「2連撃」を使えるのはサウス・カリフォルニア・パールのみだが、第4弾でさらに「2連撃」持ちが登場予定だ。
期待してほしい。

――――――――――――――――――――
さて、今週末8月28日の全国10都市ツアー浜松大会は当日オープン参加が可能になった。
会場は、駅直結の駅ビル「メイワン」の中、TKP浜松カンファレンスセンターだ。
ただし、会場の定員を超えた場合には入場をお断りすることもあるので、ご了承願いたい。
私は、浜松ではどこのうなぎがおいしいか、今からさっそくリサーチする。
浜松で諸君に会えるのを楽しみにしているぞ!

では、次の「第3弾フィギュア紹介」は「ザムザ」で、ブレイクぅぅぅぅアウトぉぉぉぉ!

全国10都市ツアー仙台大会

諸君、今日はVジャンプフェスタ2011東京会場が開催されている。
会場ではさまざまなカード、ゲーム、ホビーのブースに人が集まっているが、もちろんバトルブレイクブースも負けていない。
バトルブレイクをやったことないという人には体験会、バトルブレイクをバリバリやっているというブレイカーの諸君にはバトル大会と、完璧な布陣で臨んでいる。
残念ながら、完全招待制なので当日参加はできないが、すでに多くのブレイカーがバトルを繰り広げているぞ。
また、第3弾「混戦―Mixed Battle―」の先行販売もあり、新しいフィギュアを手にしたブレイカー諸君も多いようだ。
この様子は、また公式サイトやブログでお伝えしていこう。

さて、先日8月14日に宮城県仙台市で行なわれた、全国10都市ツアー仙台大会のレポートをお伝えしよう。
仙台大会だが、当日参加の数は過去最高、大いに盛り上がりを見せてくれた! まずは参加してくれたブレイカーの諸君に感謝したい。

そんな仙台大会だが、デッキタイプはバラエティーに富んでいた。
定番のクァールは押さえつつも、エイリアンやガイアも多く取り入れられ、中には青黄デッキに果敢に挑戦してくれた諸君の姿も(エンパイアは第3弾で華麗に強化されるぞ!)。
速攻型のキャッスルブレイクデッキに対するメタ研究も進んでおり、キャッスルブレイクデッキに強いとされる、防城型のデッキも多く見られた。
と、研究がすすむ第2弾環境、この大会を制したデッキを紹介しよう。

————————————

●小学生の部 優勝 長島稜冴くん


【フィギュア】
A-007 アビリティーDEX ×1
A-004 ウォータリアン ×1
A-005 チャクラ星人 ×1
C-008 フタゴトカゲ ×1
C-004 リヴァイアサン ×1
C-009 甲蟲王 ×1
C-005 ホシクジラ ×1
C-P01 V龍 ×1
C-006 ラッキードラゴン ×1
C-010 不死フェニックス ×1
【城コイン】
CA-01 反撃2
CA-02 退去
CA-03 補給1
CA-04 飛行2
【バトルコイン】
緑×6、青×4

————————————

●小学生の部 準優勝 横田紘磨くん


【フィギュア】
A-008 マグマリアン ×1
A-005 チャクラ星人 ×1
C-001 ケルベロス ×1
C-004 リヴァイアサン ×1
C-009 甲蟲王 ×1
C-010 不死フェニックス ×1
G-005 クロウ・テング ×1
G-003 ガネーシアン ×1
G-006 獅子王 ×1
G-010 ダゴン ×1
【城コイン】
CA-01 反撃2
CA-02 退去
CA-03 補給1
CA-04 飛行2
【バトルコイン】
青×3、緑×4、赤×3

――――――――――――――――――――――――――――――
まずは小学生の部。
小学生の部は、相手のフィギュアを全滅させるデッキブレイク型のデッキが主流だった。
そのために予選は他の地方より長い時間がかかった。
小学生ブレイカーの諸君、長時間のバトル、おつかれであった。

そんな中勝ち残ったのは、第2弾ではわりとスタンダードなデッキをあやつる長島稜冴くんと、防御に強いフィギュアで城を守っていく横田紘磨くん。
稜冴くんのデッキは、完全な城攻めデッキだが、速攻型というよりは、中重量級のフィギュアでジワジワ攻めていくタイプ。
これに対して紘磨くんのデッキは、城のとなり3マスを防御力の高いフィギュアで埋めて、相手の城攻撃を完全に防いでしまうデッキ。
まさに「攻」と「防」がせめぎ合う戦いで、かなりの見ごたえがあった。
特に、様々なコイン効果を使って城を守っていく紘磨くんのテクニックはオトナ顔負け。
終盤までしっかりと城を守っていった。
この攻防戦を分けたのは、稜冴くんのラッキードラゴン。
紘磨くんの堅い守りを、ラッキードラゴン「おさんぽ」でこじ開け、城の隣に侵入。
ついに稜冴くんはキャッスルブレイクに成功、勝利をおさめた。
第2弾になっても、ラッキードラゴンはまだまだ強いぞ!
――――――――――――――――――――――――――――――

●一般の部 優勝 清水龍一さん


【フィギュア】
A-002 アイアイ ×1
A-010 カレルレン ×1
C-001 ケルベロス ×1
C-008 フタゴトカゲ ×1
C-004 リヴァイアサン ×1
C-009 甲蟲王 ×2
C-005 ホシクジラ ×1
C-006 ラッキードラゴン ×1
C-010 不死フェニックス ×1
【城コイン】
CA-01 反撃2
CA-02 退去
CA-04 飛行2
CA-P01 歩行3
【バトルコイン】
緑×8、青×2

————————————
●一般の部 準優勝 加川拓磨さん


【フィギュア】
A-002 アイアイ ×1
A-007 アビリティーDEX ×1
A-004 ウォータリアン ×1
C-007 ノーチラス ×1
C-001 ケルベロス ×1
C-008 フタゴトカゲ ×1
C-009 甲蟲王 ×2
E-005 ワン・オブ・ナイン ×1
E-011 トリヤマロボ ×1
【城コイン】
CA-01 反撃2
CA-02 退去
CA-03 補給1
CA-04 飛行2
【バトルコイン】
青×3、緑×4、黄×3

――――――――――――――――――――――――――――――
奇しくも一般の部も、速攻型のキャッスルブレイクデッキである加川拓磨さんと、防城型の清水龍一さんの、「攻」と「防」の対決。
特に防御型の清水さんは、序盤、フィギュアをほとんど出撃させず、コインを貯める戦法に。無駄な戦力を消費せず、戦力をほぼ100%防御に費やした。
そこで役に経ったのはご存知アイアイ。
序盤はアイアイでしのいでみせた。

中盤には、早くも城の隣3マスをフィギュアで埋める清水さんのフォーメーションが完成。
攻める加藤さんには射程持ちが少なく、これではちょっと苦しい。
じわじわと加藤さんのフィギュアが1体1体と倒れていき、結果、清水さんがデッキブレイクで勝利をおさめた。
今まで、私は防御にすぐれるクァールを城攻めに使うことを推奨していたが、清水さんのプレイングは、防御にすぐれるクァールを、素直に城の防御に使うデッキ(デッキレシピからはちょっと読み取るのは難しいが)。
防城デッキを狙う諸君の参考になるだろう。

城攻めと防城がポイントとなった仙台大会。
さすがは青葉城のおひざもと、といったところだろう。

さて、何かを忘れてないかって?
そう、仙台グルメだ!
仙台といえばやはり牛タン!
仙台の牛タンの老舗というところを何ヶ所かまわって食べ比べをしてきたぞ。


今回食べたのは厚さが2センチ以上もある分厚い牛タン。
分厚いため、中がレアの状態になり、非常にジューシー。
ザクザクした食感と、ジューシーな肉汁が同時に味わえ、薄切りタンにはない味わいだった。
あと、おまけで油麩。
宮城で油麩と言えば、B級グルメの油麩丼が有名になってきたが、今回は油麩と牛タンの煮物で。
油麩が汁を吸って、その味わいと柔らかな食感は最高!
油麩は今後も注目の名物だな。

――――――――――――――――――――――――――――――

さて、バトルもグルメも堪能した仙台大会だったが、明日21日は全国10都市ツアーの7都市目、名古屋大会。
8月21日の名古屋大会は、当日オープン参加が可能!
事前申し込みをしていなくても、当日会場に来れば参加ができる
(会場の定員を超えた場合には入場をお断りすることもあるので、ご了承願いたい)。
会場は名古屋のIMYホール(地下鉄東山線、千種駅1番出口徒歩2分か、地下鉄桜通線、車道駅3番出口徒歩2分)だ。


私もVジャンプフェスタが終わったら、そのまま新幹線で名古屋に直行だ。
諸君らに会えるのを楽しみにしているぞ。

では、名古屋大会で、ブレイクぅぅぅぅアウトぉぉぉぉ!

“バトルブレイク” “トレーディングフィギュアバトル”はバンダイの登録商標です。

バンダイ