場取武礼駒 駒紹介(5)柿崎景家

諸君、週末も今日で最後だ。
昨日は建国記念日で、土曜日と祝日が重なってしまったが、こういうとき振替休日がないのはなんとも損した気分だ。
明日が振替休日でもおかしくないではないか!
と嘆いても明日は月曜日、平日がやってくる。

と、休みとは関係なしに、「場取武礼駒」の駒紹介をやっていくぞ。
どうしても武田軍のフィギュア紹介が多くなってしまったので、今日は上杉軍だ。
上杉軍の中でも勇猛果敢な武将、柿崎景家を紹介しよう。

柿崎景家も、先日紹介した直江実綱と同様、長尾為景(上杉謙信の父)、長尾晴景(謙信の兄)、そして上杉謙信の3代にわたってつかえた武将だ。
晴景と謙信の家督争いのときに謙信についたのも、直江実綱と同じだ。

そんな謙信の忠実な家臣である柿崎景家は、いつも謙信からこう言われていた。
「和泉にして分別あらば、七郡中手に合う者有るまじ」
和泉(柿崎景家のこと)に分別があれば、越後で一番強い!ということ。

戦においてはまさに勇猛果敢。
いつも先陣を任され、一番に敵軍に攻め入る役割だったという。
この川中島の戦いでも、謙信が陣取った妻女山から、先陣を切って一気に駆け下り、武田信玄の本陣に攻め入ったと言われている。
勇猛果敢さと、ちょっとおバカなところのギャップが愛されている理由だ。

ということで、駒のデータだ。

●柿崎景家(かきざき かげいえ)


上杉軍/レベル4/騎馬2
自動効果:攻撃+2、防御+2
家紋効果:先陣(コスト:上杉1)
移動前に使う。この移動中、この駒の移動力は騎馬3になる。この手番中、この駒は「2打滅」を持つ。
――――――――――――――――――――
柿崎景家の勇猛果敢さは、自動効果の「攻撃+2」と「防御+2」で表されている。
これにより、レベル4ながら、レベル6相当の攻撃/防御力を持つ。
そのスペックは、バトルブレイクのリヴァイアサンを彷彿させる。

家紋効果「先陣」を使えば、その能力はさらにパワーアップ。
移動力が騎馬3になり、「2打滅(ダメ)」を持てば、まさに完璧だ。
先陣を切って戦う柿崎景家の姿が再現される。
まあ、先陣を切らなくても、終盤にノコノコ出てきて「先陣」を使っても、ルール的には問題ない。
だが、できるだけ早目に出撃させ、敵陣に突っ込むと、柿崎景家「らしい」戦いになるはずだ。

ということで、柿崎景家で先陣を切って、武礼駒合闘(ブレイクアウト)!

第5弾フィギュア紹介(5)大天使ミカエレン

諸君、バトルブレイクの時間だ。
バトルブレイク第5弾「闘将」のフィギュア紹介も5回目。
4勢力を一巡したが、今回はエイリアンのフィギュアだ。
エイリアンというと、へんてこな宇宙人が多かったが、今回のエイリアンはかっこいいぞ!
そう、カレルレンと同じくらいかっこいいぞ!

では、カレルレンの忠実な右腕、天使軍団の軍団長、大天使ミカエレンの登場だ!

●大天使ミカエレン


エイリアン/レベル5/飛行2
自動効果:防御自動効果無効、2ダメ
コイン効果:ジャッジメント(コスト:青1)
このフィギュアが相手のレベル6以上のフィギュアをブレイクしたときに使う。相手の城を1枚、キャッスルブレイクする。
――――――――――――――――――――
大天使ミカエレンが持つ自動効果「防御自動効果無効」は、先日紹介したアビリティーWISが持つ自動効果と同じもの。
「攻撃するとき、攻撃対象のフィギュアの自動効果は無効になる」という効果だ。
「防御+2」も「装甲1」も「反撃」も「潜伏」も無効。
もうひとつの自動効果「2ダメ」で2ダメージをあたえるのはほぼ確定だろう。
頼りがいのあるダメージディーラー降臨といったところか。

そして驚愕すべきはコイン効果「ジャッジメント」。
ついに、城攻撃以外でキャッスルブレイクをするコイン効果が解禁だ!
相手のレベル6以上のフィギュアをブレイクできたら、すぐその場で、(城を攻撃することもなく、城から離れた位置からでも)、相手の城をキャッスルブレイクできるのだ。
ちなみにこのキャッスルブレイクは攻撃ではないので、城効果が「反撃2」や「退去」でもその効果を受けることはない。

ただし、「相手のレベル6以上のフィギュアをブレイク」というかなり難しい条件。
相手のデッキにレベル6以上がいなければ無駄になってしまうが、もし相手に6レベル以上のフィギュアがいれば、大きな脅威となるだろう。

ということで、大天使ミカエレンでジャッジメント! ブレイク許可!!

第5弾フィギュア紹介(4)バリキウロス

諸君、前置きはなしだ!
本日2本目、バトルブレイク第5弾「闘将」のフィギュア紹介、4回目。
今回、あのガイアがものすごい進撃を見せるが、その要因となるフィギュアの1つ、バリキウロスを紹介しよう。

●バリキウロス


ガイア/レベル2/歩行2
自動効果:味方プッシュ
コイン効果:馬力ON!!(コスト:赤1)
攻撃前に使う。この攻撃中、このフィギュアは「2ダメ」「対城2ダメ」を持つ。

――――――――――――――――――――
ということで、馬のDNAを取り込んだ獣人バリキウロス。
ネーミングはバリキのあるケンタウロスからだ。

ということで、まずはコイン効果「馬力ON!!」。
わかりやすく「2ダメ」を持つ効果。
しかし、おまけに「対城2ダメ」も持つことができる。
レベル2なので、相手の城にたどりつくのはちょっとむずかしいが、少しくらい夢を見たってかまわないだろう。
序盤のワン・オブ・ナインを片つけるのにはうってつけかもしれない。

それより重要なのは自動効果「味方プッシュ」。
あのドゴロチも持っている効果で、今のところ評価がいまいちな気もするが、コインを使わず味方を1マス移動できるこの自動効果はもっと評価されていいはず。
しかも、レベル3のドゴロチより1低いレベル2で使えるのも魅力だ。
アリアドネの「アリアドネの糸」とコンボさせれば、2歩余分に味方を移動させることができる。
もう「ガイアは遅い」なんていわせないぞ。

ということで、バリキウロスでガイアをガンガン進軍させて、ブレイクアウト!

場取武礼駒 駒紹介(4)武田信繁

諸君、2月11日、建国記念日だ。
祭日の2月11日だが、「場取武礼駒」的には、武田信玄の父、武田信虎の誕生日だ!
生まれたのは1494年の旧暦1月6日(今の2月11日)、つまり518年前の今日。

ということで、今日は武田家の武将を紹介しよう。
うん、紹介することにした、今決めた。
紹介するのは、武田信玄の弟である武田信繁だ。

さて、今日がお誕生日の武田信虎。
その信虎パパの一番のお気に入りの息子が、この信繁だ。
信虎パパは信繁を一番かわいがっていて、信玄ではなく信繁に後を継がせようと思っていたくらいだ。
結局、信虎パパは甲斐の国を追放され、信玄が家督を継いだわけだが、信玄と信繁は仲のよい兄弟だったようだ。

信繁は武道はもちろんのこと、和歌や漢文などの教養もある、まさに文武両道の人。
多くの部下にも慕われていたが、この川中島の戦いの中、討ち死にする。
信繁を討ち取ったのは、上杉軍の村上義清。(諸説あり)
もちろん、「場取武礼駒」にも収録されているので、武田信繁と村上義清がバトルすることがあれば注目してみよう。

では、データのほうを見てみよう。

●武田信繁(たけだのぶしげ)


武田軍/レベル4/歩行2
自動効果:2打滅
家紋効果:真の副将(コスト:武田1)
自分の行動の刻の最初に使う。自分の武田軍の駒を1体選ぶ。対象の駒を1マス移動させる。
――――――――――――――――――――

騎乗はせず、歩行とはいえ、移動力は2。
さらに2打滅を持つので、戦闘能力は十分。
しかし、その真価は、家紋効果「真の副将」にある。

この「真の副将」は、信繁が死んだとき、武田軍の武将である山県昌景が「古典厩信繁、内藤昌豊こそは、毎事相整う真の副将なり」と嘆いたことからきている。
「真の副将」ということで、その効果は兄である武田信玄にちょっと似ている。
武田軍の駒を1歩移動させるというものだ。
武田軍のフィギュアには、自軍の駒の機動力をあげる、(上杉軍から見ると)やっかいな効果が多い。
ちょうど私も昨日武田軍と戦ったが、この「真の副将」のおかげで負けてしまった。

この「真の副将」、普通に使っても強いのだが、兄である武田信玄の「風林火山」とコンボさせるとさらに強い。
「風林火山」とコンボさせると、移動力が2のフィギュアを、1ターンに合計4マス移動させることができるのだ。
4マス移動がどんなにすごいか、バトルブレイクをやっている諸君なら、十分わかるだろう。

まさに「副将」にふさわしい効果。
1マスの歩みが、武田軍を勝利に導くはずだ。
ということで、武田信繁の「真の副将」で、武礼駒合闘(ブレイクアウト)!

場取武礼駒 駒紹介(3)直江実綱

諸君、2月10日だ。
なんの日かは言わないが、あの祭典まであと4日! あと4日!
なんと週明けには、あのセントなんちゃらの日だ。
まあ、「場取武礼駒」には関係ないか。

ちなみに、今日、私は場取武礼駒をかなりプレイした。
攻城戦マップ、上杉側で防城したのだが、なんとまさかの3連敗!
うーん武田は強い。とにかく強い。機動力がハンパない。
圧倒的に不利な状況で対戦するのもまた楽しみの1つ。
1回はもうちょっとで勝てそうだったんだがな……。
まあ、攻城戦マップについては、また説明しよう。

ということで、昨日一昨日と武田軍のフィギュアを紹介したが、今日はそろそろ上杉軍のフィギュアを紹介しよう。
今日の私の対戦で一番活躍したのは上杉謙信。
まあ、これはそのうちということで、二番目に活躍した直江実綱を紹介しよう。


●直江実綱(なおえさねつな)
上杉軍/レベル3/歩行1
自動効果:回復1
家紋効果:奉行職(コスト:上杉1)
自分の手番の最初に使う。この手番中、自分の上杉軍の駒を出撃させるとき、レベルより1枚多く、あるいは1枚少なくコインをつけてもよい。

――――――――――――――――――――
まずは名前から。
歴史に詳しい人だと「直江景綱(かげつな)」のほうが聞き覚えがあるかもしれない。
「直江実綱」は、「直江景綱」の昔の名前。
川中島の戦いのときにはまだ「実綱」を名乗っていたため、こちらの名前にしている。
川中島の戦いのすぐあとに「政綱」と改名し、さらにそのあとに「景綱」となった。
ちなみに「景」の文字は上杉謙信のかっての名前「景虎」の「景」の文字をもらっている。
この名前からもわかるとおり、上杉謙信にとても近い武将だった。

直江実綱は、長尾為景(上杉謙信の父)、長尾晴景(謙信の兄)、そして上杉謙信の3代にわたってつかえた、上杉家の忠実な家臣として有名だ。
特に、晴景から謙信に代替わりするときには、率先して謙信側についたとされている。
戦いよりは政治での活躍のほうが有名で、内政、外交、軍事にわたり、その手腕を発揮した、今で言うならスーパー大臣といったところだ。

そんなイメージから、直江実綱にはサポート的な効果を持たせている。
とにかく回復役が少ない「場取武礼駒」の中では、貴重な「回復1」もち。
これがとにかくありがたい。
移動力が1しかないので、位置取りには十分注意したい。

そして、家紋効果は「奉行職」。
実綱は、川中島の戦いでは「小荷駄奉行」という職についていた。
「小荷駄奉行」とは、戦での食糧を運搬し、敵から食糧を守る役のこと。
「場取武礼駒」で食糧といえば、もちろんコイン。
そこでコインを自由自在につける効果にすることにした。

実際に使ってみると、この「奉行職」は本当に便利だ。
諸君らも、バトルブレイクで「コインが1枚たりなくて出撃できない!」という思いをしたことがあるだろう。
「奉行職」を使えば、レベルよりコインが1枚少なくても出撃できる。
また、その逆にコインを1枚多くつけて出撃させることも可能だ。
上杉軍では上杉謙信が最強だが、その謙信をコイン6枚で出せるのは大きい。
うまく使いこなしてほしい。

ということで、直江実綱の「奉行職」でコインを操り、武礼駒合闘(ブレイクアウト)!

“バトルブレイク” “トレーディングフィギュアバトル”はバンダイの登録商標です。

バンダイ